FC2ブログ

特撮大百科DREAMS

業界屈指のクオリティとバイタリティを誇る【特撮大百科】シリーズから、年代問わずランダムに選んでのレビューをメインとする個人的趣味全開のオタク系ブログです。毎月5の倍数日の更新を心掛けております。

ブニョ

20200225002211937.jpg


今回御紹介いたしますのはこちら。

恐怖の円盤生物キーホルダー!からテレビ番組「ウルトラマンレオ第50話 レオの命よ!キングの奇跡!」より

『ブニョ』

です。


劇中、ウルトラマンレオ相手に連敗を重ねるブラック指令。
そこへブラックスターから、ブニョと名乗り宇宙人を自称する円盤生物がやって来る。

その頼りない言動や見た目に、ブラック指令も呆れて追い返そうとする。

それでもブニョは「力は無いが知恵はある」と豪語して、レオ打倒に向けて暗躍を始めだす。

まずはおおとりゲンに騙し討ちを仕掛けるも、あっさり見破られ返り討ちにあう。
しかし次にゲンの知人を人質に取る事で、ゲンの拘束に成功。
そのままゲンの正体がウルトラマンレオである事を、ブラック指令に証明した。

更に-100℃の死体処理室で徹底的に痛め付け完全に凍結したレオを、ブラック指令にバラバラに刻ませ殺害してしまう。

レオの死体を墓地に投棄し完全勝利を確信したブラック指令とブニョは、遂に地球侵攻を本格的に開始する。


だが、思いも寄らぬ存在の介入によって彼らの野望は瓦解するのだった。


本作では群を抜いた狡猾さで、一度はレオを死に追いやった11体目の円盤生物・ブニョをキーホルダー化しております。

見た目が奇抜な奴ほど強豪と言う、ウルトラ怪獣のお約束の代名詞であるブニョ。
得意の搦め手を駆使して、レオを追い詰め及んだ凄惨極まりない凶行。
それはキワモノ揃いな円盤生物の本質である、底無しの残虐性をショッキングに際立たせました。

また星人ブニョと称される様に、従来の怪獣形態と円盤形態の他に、故・蟹江敬三氏の快演光る人間形態や星人形態まで備えた、まさに異色の円盤生物と言えます。

20200225002247f6d.jpg

その中からオーソドックスに怪獣形態をチョイスした本作ですが、やはり初見で伝わる折り紙付きのクオリティ。
独特のユルさも良い按配で表現されています。

202002250022234ce.jpg

丁寧に再現された毒々しい深緑色に馴染む、その名の由来であるブニョブニョとした表皮の弛み。
ブニョの珍妙さを強調する、三頭身スタイルや雨ガッパを着込んだ様なデザインも、特徴的な雰囲気如実なディテールの冴えが伺えます。

202002250022364c9.jpg

もちろん背面も手心一切無しの仕上がりです。

202002250023008bb.jpg

そして最たるインパクトを放つ、ギャグ漫画を彷彿とさせるギョロ目下ぶくれタコ口のコミカルフェイスも、精彩な映えでこちらの視線を釘付けにしてくれます。

しかし一方でそのギョロ目より滲み出る、ブニョの卑劣さの顕現化たる、黒く澱んだ狂気の眼光までしっかり表現してあるのも見落とせません。

20200225002351cbe.jpg

ブニョと言う円盤生物においての異端ゆえの妙を秀逸に模り、表現した同キーホルダー。
手に取り眺めれば、あの猟奇的なトラウマシーンが脳裏に蘇る、入魂の仕上がりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/02/25(火) 00:28:07|
  2. 恐怖の円盤生物キーホルダー!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガメラ1999

20200220015809c77.jpg


今回御紹介いたしますのはこちら。

ガメラ・大魔神特撮大百科Mini+から映画「ガメラ3 邪神覚醒」より

『ガメラ1999』

です。


劇中、ギャオス・レギオンと二度に渡って地球の危機を救ってきたガメラ。

しかし前回の戦いで、地球のエネルギー源であるマナを大量消費した為にギャオスの活動が活発化。
それによるガメラの戦いも激化し、人々への被害も増え、ガメラを敵視する声も強まっていく。

更にガメラに家族を奪われた少女・比良坂綾奈によって、ギャオス変異体ことイリスの封印が解かれる。

ガメラを激しく憎む綾奈によって育てられ、邪神へと成長を遂げたイリスと京都で激突するガメラ。

しかし綾奈の怨念の化身であるイリスにガメラは劣勢を強いられる。
そして遂には腹部を触手で刺し貫かれ、力尽き倒れてしまう。

だが強制的にイリスに取り込まれ、救いを求める綾奈に応えるかの様に、再び立ち上がったガメラは、今度はイリスの腹部に自らの腕を突き刺した!


本作では、計り知れぬ憎悪や敵意で傷付けられても、人類への思いを捨て去る事なく不屈の闘志でイリスに最後の戦いを挑む、守護神ガメラをミニフィギュア化しております。

本家ガメラ特撮大百科再開に伴い、かつての食玩版から名称や素材を変更して、約十数年ぶりの復活を果たした同タイトル。(一応間にそれに近い特典品の『ギララ2008』も存在しますが……)

その背景には今年のガメラメモリアルイヤーのみならず、ゴジラオーナメント特撮大百科Miniシリーズの成功もあると推測。
当時からのコレクターの一人としても、改めてやっと時代が追い着いたこのタイミングに、感慨深い高揚感を覚えます。

ちなみに件の食玩版も元々はシリーズ展開を視野に入れ、商品化された物以外にも多くの原型が製作済みの状態。
そしてそのお蔵入りとなっていた原型に修正を加え、より洗練度を増す形でのリリースが、今回のMini+のコンセプトだと聞きます。

よってスケールも食玩版基準の為に、ゴジラオーナメント特撮大百科Miniより、一回り以上大きいのも本作の特徴の一つです。

そして記念すべき新タイトル第1弾に選ばれたのが、歴代ガメラで最も攻撃的なフォルムを持ち、平成三部作のトリを飾った99ガメラ。

同ガメラ独自の、複雑にして精悍なディテールの絶妙な造り込みに、デフォルメ造型の限界を超越する手腕が見受けられます。

2020022001590394c.jpg

イリスに挑み掛かるダイナミックなポーズも、怒濤の躍動感で存分に魅了してくれます。
更にこのモーションから、右腕を赤く塗装した『バニシング・フィストver.』のバリエーション版も期待出来そうです。

20200220015833d5f.jpg

腹部から甲羅まで至る傷口は、さすがに実際に貫通させてはいませんが、劇中でガメラが負った深刻なダメージを惜しみなく顕示。
そのキレの良い描写に、痛々しい以上の美しさすら覚えます。

202002200158224ea.jpg

決意漲る雄々しき表情に際立つ大きく開いた口も、口内の隅々まで精巧に模り、怒りの咆哮までも形にした様な迫真の再現力です。

20200220015848705.jpg

圧巻の構造美を見せ付けるスタイリッシュな甲羅も、パーツごとのリアルな立体感に加え、エメラルドグリーンの光沢と相成って見所満載に極めた完成度です。

ちなみに足裏はこんな感じ。

20200220020240877.jpg

そこはかとなしに指人形仕様の面影を感じさせます。

のっけからド派手なスタートを切った、新生ガメラ・大魔神特撮大百科Mini。
第1弾となる本作のクオリティからも、ゴジラ版と並んでMiniシリーズの二枚看板となる事、疑念の余地無く確実です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/02/20(木) 02:04:00|
  2. ガメラ・大魔神特撮大百科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガメラ1996ダメージver. 強化復刻版

20200215002538345.jpg


今回御紹介いたしますのはこちら。

ガメラ・大魔神特撮大百科シリーズから映画「ガメラ2 レギオン襲来」より

『ガメラ1996ダメージver. 強化復刻版』

です。


劇中、仙台でのレギオン草体による種子発射を阻止すべく飛来したガメラ。

そこへ草体と共生関係にある、巨大レギオンが出現。
奇襲によって迎撃されながらも、ガメラは巨大レギオンとの戦いに臨む。

だがその戦いの渦中に巻き込まれ飛び立てない輸送ヘリに、かつて自らと心を通わせた少女・浅黄の姿が。

ガメラは浅黄の乗る輸送ヘリを守る為に、渾身の力で巨大レギオンの猛撃を食い止める。

その結果、輸送ヘリは間一髪で窮地を脱する事に成功する。

しかし種子発射が迫る中、ガメラの抵抗に時間を取られた巨大レギオンは早急にこれを排除せんと、自らの頭部外殻を展開。
そこから最大の必殺技・マイクロ波シェルを発射する。

ガメラも辛うじてマイクロ波シェルの直撃は免れるも、目も眩まん程の閃光と共に右肩と甲羅の一部に命中する。
頑強な甲羅すら抉るように爆散する凄まじい威力に、ガメラは絶叫を挙げて昏倒してしまう。

更に追い打ちで撃ち込まれたマイクロ波シェルは、周囲のガスタンクを次々と爆破し、辺り一面炎に包まれる。

かつてない地球の危機を前に、満身創痍のガメラは為す術なく業火に飲み込まれるのだった……。


本作では宇宙からの侵略者の猛圧倒的威に晒され深手を負う、地球の守護神ガメラを再リリースしております。

版権使用許可の難しさを象徴するかの様に、これまで幾度も休止・再開を繰り返してきたガメラ・大魔神特撮大百科シリーズ。
本作のオリジナル版も当時は【シリーズ復活】を冠にする、期待の新作として発売されました。

しかし結局はその後に続く新作は一切無く。そのまま数年に及ぶ沈黙を続け、ユーザーの落胆と期待入り混じる歳月の末に、今日に至っています。

それゆえとうとうガメラ関連の版権をクリアし、今一度同シリーズの始動が発表された、平成ガメラ公開25周年の今年。
先陣を切る形で、本作にまたスポットライトが当てられ、まるでかの日のリベンジを想起させる感慨深さです。

ガメラの原型自体は復刻版と記される様に、過去作の物を今回も流用。したがってディテールそのものに目立った変更は見られず、オリジナルにほぼ忠実だと言えます。

しかし彩色に関しては、全体的により練度が上がっているのも事実。

20200215002603135.jpg


20200215002551ede.jpg

後述の箇所以外に、巨大レギオンとの攻防の熾烈さを刻み込む、抉れた甲羅を筆頭とする各部の損傷など、その痛々しさも一層鮮明です。

そして復刻版の頭に冠せられた強化の2文字も、また伊達では無し。
本作最大の変更点かつ注目点となるのは、絶大なインパクトを放つオリジナル版から大幅拡張された、情景ベースに他なりません。

特にそれを如実に表すのは、劇中での迫力のスペクタクルを精巧に表現した爆破エフェクトパーツ。

20200215002628921.jpg

特撮大百科シリーズ最大クラスのスケールと、灼熱感を纏うクオリティが、鮮烈極まる臨場感をこれでもかと演出しています。

20200215002639cf8.jpg

それに合わせてガメラの甲羅や周囲に、情景のリアルさに説得力を与える照り返し塗装の追加も見逃せません。

202002150026164be.jpg

更にガメラの傍らへ新規に配されたガスタンクも優れたアクセントを示し、本作のジオラマとしての完成度に貢献しています。

以前の記事でも触れました

超精細大怪獣シリーズ
『巨大レギオン 頭部外殻展開ver.』

との組み合わせも、筆舌に尽くしがたい程にドラマチック性への磨きが掛かり、ますます魂揺さぶる見応えと興奮で目が釘付けになる事必至です。

202002150034159d7.jpg

長い沈黙を待ち続けた甲斐のある、期待値急上昇なベストアレンジ。
今度こその想いに応え、ガメラ・大魔神特撮大百科シリーズ本格再始動の狼煙を上げる、意気込み満載な傑作です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/02/15(土) 00:35:05|
  2. ガメラ・大魔神特撮大百科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノーバ

20200210000748cf9.jpg


今回御紹介いたしますのはこちら。

恐怖の円盤生物キーホルダー!シリーズからテレビ番組「ウルトラマンレオ第49話 死を呼ぶ赤い暗殺者!」より

『ノーバ』

です。


劇中、10体目の刺客としてブラックスターより飛来。
てるてる坊主の姿で地球に潜伏し、宇宙人や円盤生物によって家族を失ったトオル少年と接触。
その哀しみに付け込み家族の幻影を見せる事で、トオルを自らの傀儡に変える。

そしてトオルを意のままに操りながら街に繰り出すと、レッドクレイジーガスを撒き散らし多くの人々を狂暴化させ、互いに殺し合わせようとする。

しかし居候先の美山咲子の説得によってトオルが正気に戻った事で、分離・巨大化。そのまま街への破壊活動を始めた所に現れたウルトラマンレオと戦闘を開始する。

真っ赤な雨を振らし辺り一面を真紅に染め上げ、両腕の鞭や鎌、目からのノーバレーザーでレオと互角以上にやり合う。 

しかし最終的にはシューティングビームを喰らって怯んだ所を、立て続けにエネルギー光球を撃ち込まれ爆散。
レオの活躍によって卑劣な企みは阻止されるのだった。

本作では赤いてるてる坊主こと、円盤生物の代表格たるノーバをキーホルダー化しております。


円盤生物と聞けば、多くの人が真っ先に思い浮かべるであろうこのノーバ。
当時の予算不足を顕著に反映したやっつけデザインながら、それが逆に随一のインパクトを残し、けがの功名を地で行くキャラとなりました。

何より円盤生物の中で、最も多くのウルトラ作品に登場しその芸風(?)の幅を広げている所に、ファンからの支持の高さが伺えます。

円盤生物キーホルダーシリーズ最新作の一つである本作も、そんなシンプルイズベストな持ち味をリアルに再現。

20200210001059abf.jpg

ノーバのアイデンティティと言えば、やはり他に形容しようがない、率直なてるてる坊主フォルム。

2020021000084253f.jpg

それを主張するマントの様な、胴体部のなびきによる全体の皺の表現は、まさに絶妙な躍動感を演出。
真っ赤な雨をイメージさせる濃いめの塗装も、作品をグッと引き締める色映えが感じられます。

20200210000858794.jpg

クールな雰囲気を醸し出す首元のマフラーも、同じ赤の体色に飲まれる事ない、立体感あるディテールに注目です。
もちろん両腕の鞭や鎌も控えめながら、程よいアクセントを作品にもたらしています。

20200210000803752.jpg

そして異彩なノーバにおいて特に鋭い印象強さを放つのが、数多のウルトラ怪獣でもトップクラスに簡素な頭部。

柔軟性優れた弾力が伝わってきそうな質感が際立つ、絵文字を彷彿とさせるコミカルな顔のパーツも、奥行き整った彫り込みでリアルに表現されています。

20200210000913726.jpg

ちなみに自立可能な足下にも目を向けると、ちょっとした遊び心が隠されているのがポイントです。

小さくとも円盤生物屈指の人気を後押しする、ノーバフィギュアの決定版を目指した事が理解出来る同キーホルダー。

磨き抜かれた良質さが物言う、いよいよ大詰めを迎えたこのシリーズを象徴する一作として、高く評価出来そうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/02/10(月) 00:13:38|
  2. 恐怖の円盤生物キーホルダー!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最珠羅封印石

202002050010148a4.jpg


今回御紹介いたしますのはこちら。

ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」より

『最珠羅封印石』

です。


劇中2002年5月16日、東京から池田湖に訪れた11人の大学生達。

しかしその振る舞いは餓鬼畜生極まりなく、深夜に湖畔の商店に忍び込むと商品を手当たり次第に強奪。
更にそこの飼い犬までも、証拠隠滅と称して亡き者にしようとする。

そして傍らに祀られていた石像を重石代わりに、犬を湖に沈めるべくボートを繰り出す。

だが突如そのボートが転覆。
更に投げ出された大学生達も次々と湖に引きずり込まれる。

その様子を茫然と湖畔から見ていた他のメンバーの前に、石像を動かした事で封印が解かれた海の神・最珠羅が出現。

恐れ慄き逃げ惑うも、結局全員に神罰が下り繭化して死亡する。

ただ戯れに命を奪われかけた飼い犬は、無事夜明けを迎えた。


本作では鹿児島県池田湖にて、古代大和の時代から護国三聖獣・最珠羅の封印を守り続けてきた石像をオーナメント化しております。

ペットを愛する人なら、誰もがゴジラシリーズ史上最悪の胸クソを覚えたであろう池田湖のDQNシーン。
これもGMKのテーマの一つである、平和ボケした現代人の象徴の一例と言えます。

が、それでも数年前に実際に自身の愛猫が似た様な仕打ちを受けた私としては、今ではこのシーンを観る度に以前の比で無く、激しい怒りに駈られる事に……。

その後の最珠羅による因果応報な制裁シーンも胸すくカタルシス以上に、あの時最珠羅になれなかった不甲斐ない自分に、言いようのないやるせなさを覚えてしまうのです……。

ちなみにその愛猫ですが、今は彼氏と平穏に毎日を過ごしています。

先の『婆羅語吽封印石』『魏怒羅封印石』と共に、くじ引き景品としてリリースされた本作。

これら封印石の各々の独自性と言えば、やはりその頭部に刻まれた表情の違い。

202002050010270b7.jpg

最珠羅封印石の浮かべる表情が微笑であるのは、まさに一目瞭然です。

そして水辺に安置されてた故かは不明ながら、同石像特有のより鮮明な目鼻立ちも、彫り深く丁寧に描写されています。

また他と同じ抱擁ポーズの印象深さや、女性的な丸みを帯びたフォルムを端正に模っているのも見逃せません。

2020020500104576d.jpg

もちろん石が持つ質感や手触りの繊細な再現も健在。
指先サイズながら、実物さながらの重量感すら感じ取らせてくれます。

塗装に関しても、単調さを拒む手の込んだ塗り分けで申し分なしです。

20200205001055738.jpg

また本作には情景ベースが付属していませんが、見た目以上の安定感で自立ディスプレイが可能。
直立させたり横倒しにしたりと、様々なシチュエーションを再現出来る仕様です。

20200205001108c48.jpg

この最珠羅版も含め、三者三様の厳かさを投影する、特撮大百科封印石シリーズ。
揃えて眺める事で、その外連味無い神秘的な容貌から、より真摯に人の業を見つめ直せるかもしれません。


20200205001206612.jpg

ちなみに余談ながら、本作はタグのタイトル表記に誤植が発生した、驚きのレアケース。
しかし過去に例のないこのミステイクすらも、コレクターの意欲を無性に掻き立てる、一つの醍醐味かもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2020/02/05(水) 00:16:37|
  2. ゴジラオーナメント特撮大百科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ