特撮大百科DREAMS

超スローペースではありますが、業界屈指のクオリティとバイタリティを誇る【特撮大百科】シリーズのレビュー。ならびそれらを製作・販売している実力派メーカー【株式会社キャスト】関連のイベント等の御紹介をメインとする専門ブログです。

ゴジラ1965電磁波遮断成功ver.



今回御紹介いたしますのはこちら。

ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「怪獣大戦争」より

『ゴジラ1965電磁波遮断成功ver.』

です。


劇中、X星で暴れるキングギドラ討伐の為にラドンと共に地球から連れ出されるが
、キングギドラを退けた後もそのまま置き去りにされてしまったゴジラ。

しかしこれは全てX星人の巧妙な罠で、キングギドラ共々ゴジラもラドンも電磁波によるコントロールの支配下に置かれてしまう。

やがて地球侵略の為の主戦力として日本へと降り立った三大怪獣は、X星人が命じるまま手始めに東京への攻撃を開始。
その戦慄の猛攻に街はたちまち焦土と化していく……。

だが地球人達もX星人の弱点が痴漢防止器レディガードから発せられる不協和音である事を突き止め、更に怪獣をコントロールしている電磁波を遮断するAサイクル光線を搭載した特殊車輌の開発に成功する。

そしてこの2つの切り札で反撃に出た地球人によってX星人はUFOや秘密基地諸共に壊滅。
Aサイクル光線を照射された怪獣達ももんどり打って倒れるも、コントロールから解放された事で自我を取り戻したゴジラはその場で再びラドンとタッグを組み、宿敵キングギドラとの第2ラウンドに挑むのだった。


本作ではAサイクル光線車によって電磁波を遮断されたゴジラが倒れる刹那にも見せた、伝説のとんでもポーズを再現しております。

これまでのシリーズには無かった、色々と意欲的な試みを盛り込んだ独自の作風で知られる「怪獣大戦争」。
中でも前作以上にゴジラのコミカルな挙動は後の作品にも絶大な影響を与えた事は疑う余地もありませんが、その極め付けはやはり当時大人気だった漫画「おそ松くん」の主要キャラであるイヤミの《シェー!》の物真似。
そのX星での対決後のあまりに荒唐無稽なゴジラは良くも悪くも、これまで築いてきたゴジラの概念を崩すに十分な衝撃であったはずです。

しかし一方でそんな高い認知度に反して、あまり知られてないのが地球で披露された二度目のシェー。

ある意味このまま陰に埋もれさせておくには非常に勿体ないシチュエーションではありました。
そして特撮大百科シリーズ初のゴジラ造型としてリリースされたX星版シェーから幾年月を重ねて、多彩な昭和ゴジラのユーモアな仕草を形にし続けた末に、とうとう造型化の実現叶った悲願の一作です。




本作の特筆すべきは言わずもがなの、よりディテールの作り込み増したフォルムで繰り出すキレッキレなシェーポーズ。

仰向けに倒れる瞬間を克明に捉えた、後方への絶妙なバランスの取り方。
両腕両脚のコミカルだからこその繊細にしてビシッとしたポージングの決まり具合が魅せる、見る角度によって印象に強い変化を表すダイナミックな躍動感は、まさにその高い表現力が物言う、心躍る仕上がりとなっております。

またその頭部いっぱいの驚愕感も、大戦争ゴジラの精悍な顔つきの風格冴え渡る再現で巧みに演出。
大きく開かれた口内や目元も、相変わらずの丁寧な仕事ぶりが反映された秀逸さです。



そして上記の通り本作は見る角度によってガラリとその印象に違いが出ますが、特に背後からの光景は劇中以上の重厚な迫力を味わえる、まさに圧巻の見所となっているかもしれません。

昭和ゴジラの伝家の宝刀たるシェーポーズ。
これもまたその真価を追求するオーナメントとして、太鼓判を押すに相応しい特撮大百科でのユーモアゴジラシリーズに燦然と名を連ねる逸品です。
スポンサーサイト

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/09/25(月) 00:16:27|
  2. ゴジラオーナメント特撮大百科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴジラ第3形態ver.1



今回御紹介いたしますのはこちら。

ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「シン・ゴジラ」より

『ゴジラ第3形態ver.1』

です。


劇中、東京湾に出現した巨大不明生物はそのまま打ち上げられて自重で潰れると言う、政府御用達の学識者の予想を裏切り、蒲田へと上陸。
大地を這いずる様な姿勢による、蛇行移動で眼前の物を薙ぎ払いながら都心に向けての進行を続ける。

この想定外の非常事態に政府関係者は様々な立場から事態解決の為の議論を交わすも、その間に被害は拡大するばかり。

やがて大河内総理は、苦渋の決断で治安維持の名目に、自衛隊初の防衛出動を決定。
木更津駐屯所から回転翼機での目標の駆除を目的とした、対戦車ヘリ部隊が発進する。

しかし品川湊に到達した巨大不明生物は突如その動きを停止させ、その動向を観察していた大河内総理達を困惑させる。

が、突如全身の筋肉を蠕動させ始めると、そのまま二足で立ち上がる。
しかも急激な変化は留まる所を知らず、前腕が形成され、表皮を深紅に染め、肉体を膨張させ周囲に咆哮を轟かせる巨大不明生物。

そのあまりに常識を越えた劇的な進化に誰もが愕然とする中、おぼつかない足取りながら二足歩行で再び移動を開始。その影響で京急本線と北品川駅も破壊される。

そこへヘリ部隊が到着。
報告と掛け離れた姿に攻撃の可否が求められるも、作戦展開区域の住民の避難完了の報もあって、巨大不明生物への攻撃が決定される。

だが、巨大不明生物への攻撃直前に射撃手が「ある物」を発見した事で、事態は思わぬ方向へと転がるのだった……。


本作では第2形態から更にゴジラに近い姿へと急速進化を遂げたシン・ゴジラ第3形態の、北品川駅付近で戦闘ヘリ部隊と対峙した際に見せた直立不動状態をオーナメント化しております。

知名度も商品化の機会も決して低くはありませんが、それでも初見ではまずゴジラとは分からない程の強烈な容姿で掴みを得て、今も「蒲田くん」の愛称で呼ばれる第2形態。
そして公開前から幅広く知れ渡り同映画の顔として定着している第4形態と比較すると、やはり印象では一歩後れを取るこの第3形態。

しかしそんな第2形態と第4形態を繋げる役割に相応しく、外観・音楽・場面などあらゆる演出で誰もがよく知るゴジラを確立。
観客に今観ている怪獣が紛れもなく12年振りの「ゴジラ」である事を改めて認識させた、実は大変重要な形態として看過許されない存在なのは間違いありません。

まさに前代未聞のオリジナリティの中に、馴染み深いオーソドックスさをも兼ねる画期的な第3形態に挑む本作も、まさに文句なしのハイグレードを成立。

ゴジラの王道を行く威厳ある風貌に模られた特徴数多なディテールは、どこから眺めても文句の付け所無しな劇中でのスケール感ピッタリな完成度。

大きくギョロリとした眼が象徴的な第2形態の名残があるもより形相の発達が伺える頭部も、頬や鼻元の細かな皺や口から覗く不揃いな牙、そして下顎の角張まで正確に表現。

第3形態での首筋から胸にかけての唯一のモールドも、一目でそれを意識させるスマートな浮き彫りが為されています。

そして頭部とは対照的に第4形態の雰囲気を色濃く醸し出している身体部も、小さく天仰ぐ腕に、地面を陥没させる太い脚や腹部に幾本も走る皺・弛みと、これらも同様にやはり巧みのキレを見せる見事な再現度です。
また直立姿ゆえのそれらの見せ方も、大変絶妙な物を感じさせてくれます。



ゴジラの全てを語ると言っても過言ではない背ビレも、同ゴジラの個性を余すことなく投影した、これまでのゴジラ造形にも引けを取らないテンション上がる精巧さ。

長く伸びる尻尾は、まだ未熟なイメージ残る全体像と既に形成されつつある頭部の様な先端とこちらもその入魂ぶりに目を見張る仕上がりです。

もちろんこの形態の最たる要素に挙げられる、その歪な進化を体現するかのような深紅の体表もメリハリある毒々しさをはっきりと表現された、さすがの色映えによる描写です。



また第3形態へと変貌した品川付近を再現した専用ベースには、更にスケール感を統一してのミクロサイズながら丁寧に造られたゴジラと対峙するAH1S対戦車ヘリコプター3機が付属。
意外とフレキシブルな造りゆえ映画で見せたスタイリッシュな旋回再現の他に、こちらは自由な配置でのディスプレイが可能な仕様で、より臨場感ある情景演出が可能な優れ物。

正規な使用法ではありませんが、この仕様を活かせば以前御紹介しました

『ゴジラ第3形態ver.2《一時期退化状態》』

と組み合わせての、海へと走り去るゴジラをただ見送るしかないヘリ部隊と言った情景再現も可能です。

『ゴジラ第4形態ver.1』にも増して長らく待ち続けた甲斐と意義を見出すに十分な、シンゴジ各形態においてやや地味な第3形態に秘められた持ち味を存分に引き立てる、まさに素晴らしき感嘆の会心作。



後のver.2も踏まえてこれからの展開が期待される、特撮大百科「シン・ゴジラ」関連商品の代表的一作となるかもしれません。

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/09/20(水) 00:18:31|
  2. ゴジラオーナメント特撮大百科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガニメ対カメーバ 噴火口の決闘



今回御紹介いたしますのはこちら。

ゴジラオーナメント特撮大百科COMPLETEシリーズから映画「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」より

『ガニメ対カメーバ 噴火口の決闘』

です。

劇中、ヘリオス7号に乗って地球のセルジオ島近海に降り立った不定形の宇宙生物は人類征服の足掛かりとして、産業スパイの小畑の体を乗っ取りさらにカメーバと二代目のガニメを一挙に出現させ、自らの天敵となるコウモリとセルジオ島住人の皆殺しを図る。

しかし人間としてのプライドを取り戻した小畑の抵抗によってコウモリが解放され、コウモリが発する超音波によって宇宙生物は致命的な精神の変調をきたし、それに伴い宇宙生物の支配から外れたカメーバとガニメも闘争本能で動く怪獣へと変貌。
セルジオ島の人々が見守る中、お互いを敵と見なしてまさに血に飢えた獣の如き激しい戦いを展開する。

両者共に己が持つ能力をフルに発揮しての一歩も譲らぬ攻防を繰り広げるも、やがて戦いのフィールドは徐々に火山地帯へと移動。

遂に火山へと到達するとガニメは一瞬の隙を突きカメーバをマグマが煮えたぎる噴火口へと投げ込む。

だがカメーバもただでは終わらんとばかりに、投げ込まれた刹那の瞬間ガニメの鋏に食らいついて反撃。

道連れにされまいと渾身の力でその場に踏みとどまり耐えるガニメ。
道連れにせんと最後の力を振り絞って引きずり込もうとするカメーバ。

やがてその土壇場の死闘も力尽きた両怪獣が火口に転落して決着。
怪獣同士の戦いに反応したかの様に噴き上がったマグマはカメーバ・ガニメそして地球を救う覚悟を決めた小畑諸共に宇宙生物の野望を全て焼き尽くした。

本作では映画クライマックスでの最大の見せ場となる噴火口でのカメーバとガニメの怒濤の最終決戦を造型化しております。

東宝特撮怪獣の中ではマイナーな存在ながら、まさに小細工無しのワイルドな戦いぶりからも通好みな人気で知られる両怪獣。
その2体を一つのインパクトある情景に纏め上げた贅沢な作品とあって、古めのオーナメントながら今見ても色褪せぬボリューム感を覚える事請け合いです。

しかし本作の特筆点はやはり二代目ガニメの再現を明確化している事。
映画では同一のスーツを使用している事もあって、幾つかあるであろうガニメフィギュアもその辺は有耶無耶にされがちと思われ、もしかしたらこれが唯一の二代目ガニメを顕著に意識して再現した画期的な造型の可能性も無きにしも非ずと言えます。その根拠は皆無ですが。

なおそんな逆さ姿を模したガニメは食玩版ゴジラオーナメント特撮大百科ver.3の
『大ガニ怪獣ガニメ』
の原型を流用しての大幅なアレンジ品。
それゆえかガニメの象徴の一つである毛深さの表現にやや物足りなさを覚えます。

されど大きく左右に広げられた2本の鋏や8本の脚の生物的な躍動感は紛れもない迫真の演出力を誇示。
今にも暴れ蠢きそうな各々の多関節のリアルな構造や複雑な動きは、ガニメ特有の生物的特徴を鮮明に捉え形にしています。
同時に断末魔にも似た戦慄の色を浮かべる形相も見所です。

また素材がポリストーン製に変更されている事で大ガニ怪獣ならではの爪先や鋏のささくれ立った鋭さはもちろん、全身の刺々とした硬質感もより冴え渡った表現で昇華されています。

またガニメに対してこちらは半身再現となるカメーバですが、このカメーバはゴジラオーナメント特撮大百科DELUXEの
『大亀怪獣カメーバ1970首収納ver.』
の原型をアレンジ。
首の角度と一部塗装を変更で本作にちなんだオリジナリティを演出しております。



しかし半身のみといえどシチュエーションのアピールはある意味二代目ガニメ以上の効果を発揮。
怒髪衝天の勢いで鋏に食らい付く鬼気迫る表情もさることながら、一目で荒々しい印象を与える甲羅に浮かぶ眼下のマグマの照り返し塗装は、青い甲羅に映える灼熱がこもった朱色の色彩でカタストロフな同情景に一層押し迫る臨場感をもたらしてくれます。

さらに目立たぬ位置ながら、噴火口の岩場にしがみつくカメーバの左脚も非常にドラマチックなアクセントとして作品のキレの良さに磨きを掛けています。

特撮大百科の怪獣対決作品の中でも確実に高水準に位置する鮮烈極まる完成度。
派手さに欠けてもカメーバとガニメの戦いが以下に名勝負だったかを雄弁に物語るオーナメンとして惜しみなく賞賛出来るはずです。

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/09/15(金) 00:02:38|
  2. ゴジラオーナメント特撮大百科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

X星人統制官



今回御紹介いたしますのはこちら。

ゴジラオーナメント特撮大百科ver.1から映画「怪獣大戦争」より

『X星人統制官』

です。


劇中、196X年に木星の裏側で発見された新たな衛星・X星。
その後調査に訪れた地球連合宇宙局員の富士とグレンは、そこで全ての行動を電子計算機で決定し高度な文明を持つX星人を名乗る異星と遭遇する。

やがて2人と面会したX星人の代表である統制官は、X星を荒らす怪物00ことキングギドラを撃退する為に、怪物01と怪物02ことゴジラとラドンの貸し出しを依頼。
その対価として癌の特効薬の製造法を提案する。

そして地球へと帰還した2人の報告を受けた国連関係者らは、X星人に少なからずの訝しみを覚えつつもこれを承諾。

X星へと運ばれたゴジラとラドンによってキングギドラはX星から退散し、統制官も地球人の英断に感謝を示して全ては万事解決したかと思われた。


だがX星人の真の狙いは地球植民地化の手駒としてゴジラとラドンを手に入れる事にあり、目的を果たすと同時に本性を露わにして地球への侵攻を開始。

支配下に置いたゴジラ・ラドン・キングギドラを駆使して、手始めに日本を襲わせる。

しかしX星人達が拠り所とする電子計算機でも計算しきれなかった不測の事態が次々と重なり、遂に自らの弱点が地球人に露呈。

そこを突かれ、瞬く間に形勢逆転されたX星人は最早反撃の糸口すら見つけられず一気に総崩れとなる。

そして最早これまでを悟った統制官は潔く敗北を認め「未来へと脱出する」と言い遺し自爆。

キングギドラも支配下から解放されたゴジラとラドンに倒され、X星人の野望は潰えるのだった。


本作では窮者を装っての友好的な態度から一転しての、策謀で相手を陥れ冷酷卑劣な狡猾さで地球に侵略の魔の手を伸ばす、X星人のリーダーである統制官を造型化しております。

ゴジラシリーズ初の宇宙人にして、地球人類最大の脅威であった怪獣達をいとも簡単に操ってみせ、恐ろしいまでの格の違いを見せつけたX星人。
その象徴格でもある統制官もまた土屋嘉男氏の怪演もあって、非常にインパクト強い名キャラクターとして人気を博す事となりました。

おそらく初の商品化となったであろう本作でも、統制官の掴み所無き独自の雰囲気を纏う大物感を惜しみなく再現。

統制官と言う立場際立せるべく他の一般兵と差を付ける、サングラスで目元を隠しながらもその卓越した演技力光る、無表情ながらカリスマ性が有り有りと伝わってくる、土屋氏の端正な顔つきの模りも忠実さ冴えるキレの良さ。
X星人ならではの青白い顔色も鮮明に映える色遣いです。

そのスリムに引き締まったボディラインに惚れ惚れとさせられる、全身像の造り込みも感動的なまでの精悍ぶりで表現。
土屋氏が考案した「X星語」に伴う手振りを踏まえた貫禄あるポーズの躍動感も、その絶妙さ物にした故の優れた見所と相成っています。



またX星人の科学力の高さを当時の近未来感で演出する、奇抜にして独創性に溢れた衣装の各部の皺や生地の張り等、ディテールの再現度の高さも、どの角度から眺めても余す所ない仕上がりです。



統制官に背後に配置された専用の椅子も、金色の光沢感表現鮮やかに、商品仕様のコストに合わせて簡略化された情景に見劣りを与えぬ逸材。
劇中での回転ギミックは備えてなくとも、それを意識させぬ程に統制官の引き立て役としての存在感が漂っています。

特撮大百科での東宝特撮人物オーナメントの先達に相応しい、系譜継ぐ後発作品と比較しても見劣り一切感じさせぬ水準。
今だからこそ、このX星人統制官の誇り高き姿の偶像に込められた、演者である土屋氏の熱き魂に改めて多くの人に見て触れてほしい作品でもあります。





先日、このX星人統制官以外にも黒澤明監督作品を代表に数多くの東宝映画で幅広い役柄を演じ、ファンを魅了し続けられました稀代の名俳優

・土屋嘉男氏

が、今年の2月8日に肺癌で御逝去されてた事が発表されました。
享年89歳。

東宝映画黄金期を代表する役者さんであり、あらゆる役に率先して自ら取り組まれた役者魂は、その貢献の賜物たる様々なキャラクターと共にこれからも多くの人々の心や脳裏に根強い敬意として残り続けるでしょう。

まだ見ぬ未来へと旅立たれた土屋嘉男氏の御活躍に多大なる感謝を込めて、御冥福をお祈りいたします。

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/09/10(日) 01:35:12|
  2. ゴジラオーナメント特撮大百科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地底怪獣バラゴン秋田油田襲撃



今回御紹介いたしますのはこちら。

ゴジラオーナメント特撮大百科COMPLETEシリーズから映画「フランケンシュタイン対地底怪獣」より

『地底怪獣バラゴン秋田油田襲撃』

です。


劇中、広島で発見された放射能への強い耐性を持つ少年の話題がセンセーショナルに広がる日本列島。
やがてその話題は戦時中に広島に持ち運ばれ行方不明となった、不死身の心臓の存在を知る、現在は秋田油田で技師として働く河井の下にも届き、少年と心臓の関係に興味を抱く。

だがある日の夜、突如巨大地震が発生。
その凄まじい揺れは秋田油田の施設を次々と破壊し、河井を始めとした作業員達は命からがら避難するも、同地は見るも無惨な瓦礫の山と化してしまう。

その直後、いきなり大地の一部が不自然な盛り上がり方をしたかと思うと、不気味に輝く発光体を備えた巨大生物と思わしき謎の影が一瞬姿を覗かせる。

しかし倒壊した鉄塔によってその姿が隠されると同時に、謎の影もあっと言う間に地中深くへと消え、このあまりに不可解な出来事を前に河井らはただ茫然と立ち尽くすしかなかった。


本作では東宝特撮初の本格的な地底怪獣となる、バラゴンの過激な初登場シーンをミニチュア化しております。

キャラクターの印象付けとして、大変重要となる初登場シーン。
それは怪獣も例外では無く、海から空から山奥からと様々な場所から出現しては、その衝撃的なファーストコンタクトに毎回人類を驚愕と戦慄の渦に巻き込んできました。

このバラゴンも地底怪獣と言う潜伏力に長けた特徴を存分に活かしての、その全貌を明かさぬままの大規模な破壊活動は、まさにこれまでとは一味違うミステリアスな新怪獣として、ガッチリと観客の心を掴んだはずです。

そんな緊張感ある瞬間を再現する同作は、今ではすっかり定番化したCOMPLETEシリーズの第1弾アイテムとしてリリース。
それゆえ今見ると実にコンパクトでシンプルな構図の造型ではあります。

それでもバラゴン出現によって持ち上げられた地盤の頑強な質感や、倒れた鉄塔が物語る襲撃の壮絶さを仄めかすアクセント。
そして夜の場面を反映させた黒を基調とする色彩など、巧妙に纏められた情景感は決して色褪せる事ない緻密さで仕上げられています。



また見映えを重視し、劇中以上にはっきりと地面から顔を覗かせるオリジナリティが加えられたバラゴンは

・ゴジラオーナメント特撮大百科ver.3
『地底怪獣バラゴン』

の原型をアレンジして使用。
まさにこの時点から、アレンジ術の巧みさを売りとするCOMPLETEシリーズの方向性が決定していたと言えます。



なお同シーンの象徴的ポイントでもある、角の発光表現に抜かりが見られるのは、後の更なる洗練に期待が求められる初期作ゆえの御愛敬です。

COMPLETEのみならず非売品シリーズにも多大な影響をもたらす新風を特撮大百科に吹き込み、実に味のある作風を築いた記念碑的本作。

前回の

『護国聖獣 婆羅護吽 妙高山に出現!』

と並べて、バラゴン今昔出現コラボを楽しんでみるのもまた一興かもしれません。

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/09/05(火) 00:06:17|
  2. ゴジラオーナメント特撮大百科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ