fc2ブログ

特撮大百科DREAMS

業界屈指のクオリティとバイタリティを誇る【特撮大百科】シリーズから、年代問わずランダムに選んでのレビューをメインとする個人的趣味全開のオタク系ブログです。毎月5の倍数日の更新を心掛けております。

温泉バラゴン1965

20210805010558167.jpg


今回御紹介いたしますのはこちら。

ゴジラオーナメント特撮大百科Miniシリーズから

『温泉バラゴン1965』

です。


中生代の巨大爬虫類の末裔にして、地熱の影響で地底怪獣化した存在であるバラゴン。
地中潜行を得意とし、現代に甦った際はその姿をさとられる事なく秋田油田を地下から破壊する。

更に数日後、箱根ヒュッテを襲撃して宿泊客全員を捕食。
だが同時期に逃亡したフランケンシュタインがその犯人と疑われた事で、人々の目を逃れたバラゴンは更に村々を襲っては村民や家畜を喰らい南下を続ける。

その後、フランケンシュタインが慕う人々を獲物として狙ったが為に、フランケンシュタインの怒りを買い、正体も遂に露見してしまう。

やがて富士の裾野を舞台に、バラゴンとフランケンシュタインの死闘が繰り広げられるのだった。


本作ではフランケンシュタインとの戦いの疲労や傷を癒すかの様に、温泉で寛ぐバラゴンをMiniオーナメント化しております。

既にお察しの通り本作も前回、前々回の2作品同様のコンセプトでリリースされた一作。

地熱との関わり深さや地底を掘り進むと言う、温泉に通ずる共通点からも、今回のチョイスは先のゴジラやラドンに劣らず納得のもの。

何よりその行動範囲から、劇中では直接的な水関連の描写が無かったバラゴン。
ゆえに肩までどっぷりと温泉に浸かる姿を模った同造型は、ウケ狙い以上の斬新な演出で目を惹かせてくれます。

本作も先の例に洩れず

・ゴジラオーナメント特撮大百科Mini
『バラゴン1965』

の原型を改造。

20210805010607b72.jpg

犬顔のバラゴンとデフォルトとの相性は良く、更にその要素は今回の作風にもマッチして、独特の癒し系シチュエーションを発揮。

202108050106354a6.jpg

ピンッと広げた大きな耳からも、温泉の快感がヒシヒシと伝わってくるようです。

2021080501064513b.jpg

そして今回のバラゴンに用意された小道具は、これまた入浴時のマストアイテムたる黄色の風呂桶。
なみなみと入ったお湯の精緻な表現力はもちろん、バラゴンの活き活きとしたポージングと併せて実に臨場感ある出来映えです。

20210805011012fbf.jpg

後ろ姿も原型そのままながら、独自の雰囲気を出して様になっています。

20210805010621bc7.jpg

もちろん溢れるお湯も、ちゃんと他とのディテールの違いを明確化。

湯船も小柄のバラゴンを意識したサイズで形成されています。

202108050106564fb.jpg

更に今回の温泉シリーズならではのギミックとして、ゴジラ・ラドン・バラゴンを連結させる事で
【怪獣大浴場】
が完成。

20210805010705216.jpg

ここでしか見られない趣きあるジオラマに、こちらも思わず温泉恋しい衝動駈られる感慨深さです。

Miniシリーズならではの遊び心をとことん追求した、まさに意欲的かつ革新的意気込み溢れる小さな傑作群。
果たして今回の新たな試みは次にどのような形で活かされるのか、今後の期待に一層拍車が掛かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2021/08/05(木) 01:12:20|
  2. ゴジラオーナメント特撮大百科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<液体人間 | ホーム | 温泉ラドン1956>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mt428.blog48.fc2.com/tb.php/1021-24a9acce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)