FC2ブログ

特撮大百科DREAMS

提供元C社の優しさ()とやら故に最新作の御紹介は基本困難としておりますが、業界屈指のクオリティとバイタリティを誇る【特撮大百科】シリーズから年代問わずランダムに選んでのレビューをメインとする個人的趣味全開のオタク系ブログです。毎月5の倍数日の更新を心掛けております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

深海探査艇わだつみ 乱泥流脱出せよ《リニュアル再販版》



今回御紹介いたしますのはこちら。

ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「日本沈没(73)」より

『深海探査艇わだつみ 乱泥流脱出せよ《リニュアル再販版》』

です。


劇中、小笠原諸島に位置する無人島が突然海深くに消失する不可思議な事態が発生。

その原因が海底の地滑りにある可能性を突き止めた地球物理学者の田所博士は、すぐさま操艇者の小野寺が操縦する深度1万メートル以上の潜行可能な深海探査艇わだつみに搭乗し事態の真相を探るべく日本海溝の海底へと赴く。

やがて海底に到達した田所博士達はそこでまるでなめくじが這ったような巨大な亀裂を発見。
そのただ事では無い痕跡に一同は唖然とするも、更にその亀裂を辿ってわだつみを進ませ調査を続行する。

しかし亀裂の先に広がっていたのは未曾有の大規模で暴れ狂うかの様に泥流渦巻く想像を絶する驚愕の光景。

我が目を疑う異常事態に戦慄した田所博士一行は、こちらをも飲み込まんとせんばかりに猛り続ける乱泥流を振り切りわだつみを急浮上させ事無きを得る。

だがこの尋常ならざる状況から、最早無人島一つどころか日本列島そのものに前代未聞の危機が迫っている事を察するのだった。


本作では映画序盤最大のスペクタクルとなる、日本海溝下での深海探査艇わだつみの乱泥流遭遇シーンをジオラマ化しております。

派手な都市破壊でも無ければ、自衛隊による圧巻の火力戦でも無く、まして怪獣同士の白熱の激闘でも無い。

しかしそれら全てに勝る圧倒的脅威である大自然の手に負えぬ異変を、中野昭慶特技監督の入魂の特撮技術がド迫力の臨場感で描き出し、今でも東宝特撮映画屈指の語り草となったこの名場面。

その後世に与えた影響力は一例として、こうしてキャストさんにより洗練さを増しての装い新たな再商品化へ踏み切らせた程に大きかったと言えます。

今回のリニュアルに伴い様々な変更が見られるのは、やはりタイトルの主題を飾る深海探査艇わだつみ。
海底シーンのイメージを強める汚し塗装の追加や船体横に記された標記のデカール化等が挙げられますが、特に顕著なのが船体そのもののスマート化。

オリジナル版では購入者による組み立てが必要だった昇降用梯子部分を始めから完成済みとしており、私の様な不器用な人間も嬉しい破損の心配を軽減させる親切設計。

また差込穴を用いる支柱棒を排除したディスプレイスタンドへの据え置き型となった事で造型の外観を損なわず、映画での見せ場で活躍するわだつみの見栄えの良さも追求されています。



そんなディスプレイスタンドを兼ねたわだつみから噴射される水流も、キャストさんならではのクリア素材による新規製作で模られており、素材が功を為す透明感が勢い良さの演出を更に向上。

ディスプレイ時の傾斜の強い角度も劇中にも増してのスタイリッシュな緊迫感がひしひしと楽しめます。

そしてそれらに勝る存在感を押し出すのが、もちろん同作にてわだつみと二枚看板を張る乱泥流ベース。



形式上では情景ベースながらも、造型の仕上がりは一つのキャラクターとして完成された迫真極まる魅力を放っておりその躍動感はまさに日本を飲み込む怒濤の荒ぶりを克明とする格段の精巧さ。

乱泥流の脅威に一層の説得力をもたらすべく、よりスケール感と重厚感を高めるサイズアップならび暗塗装の強調も一種の感動すら呼び起こすこれぞリニュアルの鑑な仕様です。

なおオリジナル版に付属していました
『日本沈没タイトルロゴプレート』
は今回はオミットされてるようです。

然れど再販。さすがはリニュアル。
今回もそんな感慨深さに浸れる見事な復刻を果たしてみせた本作。

これもまた特撮大百科が備え持つブランドの意地と顧客への貢献心の賜物として、こちらも頭が下がる思いに駈られるそんな持ちつ持たれつを反映する作品です。
スポンサーサイト

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/03/15(水) 00:38:54|
  2. ゴジラオーナメント特撮大百科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東宝特撮映画クリアファイル | ホーム | 原始恐竜ゴロザウルス1967>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mt428.blog48.fc2.com/tb.php/732-67b762b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。