FC2ブログ

特撮大百科DREAMS

提供元C社の優しさ()とやら故に最新作の御紹介は基本困難としておりますが、業界屈指のクオリティとバイタリティを誇る【特撮大百科】シリーズから年代問わずランダムに選んでのレビューをメインとする個人的趣味全開のオタク系ブログです。毎月5の倍数日の更新を心掛けております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴジラ1992 新宿襲撃



今回御紹介いたしますのはこちら。

ホテルグレイスリー新宿ゴジラルーム限定品から映画「ゴジラVSモスラ」より

『ゴジラ1992 新宿襲撃』

です。


3大副都心の一角にして、日本有数の歓楽街として知られる大都市・新宿。

その絶え間ない活気に溢れた人々の賑わいと高層ビルそびえ立つ近代的な街並みからも、様々なドラマや映画等の映像作品の舞台に選ばれる事が多く、誰もが一度は何らかのメディアを通してその風景を目にする機会があったはずです。

そしてそれはゴジラシリーズも例外無く9年振りにスクリーンに甦った「ゴジラ(84)」でのスーパーXとの激闘を皮切りに、「ゴジラVSビオランテ」ではG細胞を巡る各国間の抗争の始まりの地になると同時に5年でゴジラの猛威から復興してみせる人々の強さを明示。

しかし「ゴジラVSキングギドラ」では再びゴジラとメカキングギドラのバトルフィールドとして都庁を巻き込む両大怪獣の死闘を派手に演出し、3作連続で物語の舞台に選ばれるシリーズを通しても稀有な場所となる。

その後も「ゴジラ2000ミレニアム」での新生ゴジラと宇宙怪獣オルガの激戦も繰り広げられ、まさにゴジラと切っても切れぬ程の縁深き街の地位を確立。

現在では特別住民票の配布に新宿観光大使の任命と街ぐるみでゴジラに絶大な信頼を寄せ、さらに新宿の新たなシンボルとして歌舞伎町に2015年4月17日にオープンしました
・「新宿東宝ビル」
のテラスに怪獣王ゴジラの更なる魅力の発信と観光の目玉を目的とした12mもの実物大サイズの

『ゴジラヘッド』

を設置。今も時報代わりの咆哮や熱線風演出に様々な企業とのタイアップと言った様々なギミックで新宿を訪れた人々に街と一体となってその存在感を堂々と誇示し愛され続けています。

本作ではこれぞ観光名所にとって最大にして最高のゴジラからの栄誉でもある、その巨体と怪力による大破壊を受ける新宿東宝ビルとゴジラヘッドのモデルとなった1992年版ゴジラことバトゴジをジオラマ化しております。


と言う訳でまた当初の予定とはズレが生じましたが、それでも大人げないと罵られようと諦めを寛容とせず目的の為なら手段選ばずな自身のポリシーを貫き、こうして獲得に至りましたこのゴジラルーム宿泊特典グッズの一つでもある株式会社キャストさん製オーナメントの別ver.。

ちなみに本来一度の宿泊で入手出来ますのは、先日の『立ちポーズver.』か今回の『新宿襲撃ver.』のどちらか一方の選択となるそうです。

なおこの新宿東宝ビルを破壊するバトゴジですが、当然劇中にこの様なシーンは一切存在せず。
本作のコンセプトはまさに『ゴジラヘッド』そのものに焦点を当て、さらにそのイメージを膨らませてのオリジナルシチュエーションを形にした、ある意味ゴジラルーム特典としての趣向をより深く凝らしたオリジナリティに富む作品でもあります。

なのでゴジラの頭部や右腕の位置は

・故・川北紘一特技監督

最後の監修作品でもある『ゴジラヘッド』の実物をしっかりと意識して再現。
それでいてそのイメージが形作る上半身が繰り出すビルをダイナミックに粉砕する重厚かつ躍動的な威厳溢れる怪獣王の佇まいも、まさに映画さながらの生命力あるパワフルさで表現されています。


また同じゴジラ1992の半身造型ながら原型流用ではない新規モデルと思われる精巧なディテールも嬉しい所。
やはりこちらも正面や横向きから見る鮮烈なる迫力はもちろん、背ビレの配列映える後ろ姿も格別にさまになるゴジラフィギュアの醍醐味をよく体現しています。

そして今作での要のポジションとなる新宿東宝ビル。
やはり一応の配慮も踏まえてか実際は外部に記されているビル内に構えられます各複合施設等の名称は避けられていますが、ビルそのものの外観の造りは雰囲気を物にした良品質を誇示。



特にゴジラによる崩壊部分は怒濤の臨場感を演出しており、裏側に視線を移すとちゃんと破壊の限りを尽くされた内部まで緻密に造り込まれ、この粋と呼べるこだわりもまた本作の価値と意義に拍車を掛ける一因となっているはずです。

もちろんこちらの台座もホテルグレイスリー新宿とゴジラルームのロゴが刻印され、特撮大百科の系譜を汲みながらもより他に無い特別さを追求した厳かな演出に一役買っています。

そして本作を収納する箱。



この『新宿襲撃』は先の特典オーナメントと対になる白を基調とした光沢美しい、やはり高級感を押し出す外装で手にした人を喜ばせてくれます。

我らが怪獣王ゴジラが見守る新宿歌舞伎町の名所にして、まさに感動至福の極みな満足感に浸れるゴジラルームと言う最高の場所お土産の一つに相応しい同オーナメント。
例え特撮大百科を知らぬ人でもこの磨き抜かれた卓越の造型美と発想に強く惹かれ、心打たれる事請け合いです。

そして私もまたこのゴジラルームへの宿泊の為の新宿遠征を諦めたわけで無く、いつかはその旅行記をこちらで報告出来ます事を大きな目標に引き続き励むとします。
スポンサーサイト

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/03/30(木) 14:08:16|
  2. ゴジラオーナメント特撮大百科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゴジラ対防衛空軍《再販版》 | ホーム | キングコング:髑髏島の巨神>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mt428.blog48.fc2.com/tb.php/736-24ef191a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。