FC2ブログ

特撮大百科DREAMS

提供元C社の優しさ()とやら故に最新作の御紹介は基本困難としておりますが、業界屈指のクオリティとバイタリティを誇る【特撮大百科】シリーズから年代問わずランダムに選んでのレビューをメインとする個人的趣味全開のオタク系ブログです。毎月5の倍数日の更新を心掛けております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東宝特撮映画ブロマイド全集EXシリーズPART6

今回御紹介いたしますのはこちら。

『東宝特撮映画ブロマイド全集EXシリーズPART6』

です。

以前と比べて最近は少し滞りぎみながらも、まだまだ意欲的な姿勢に陰りを見せぬ同ブロマイドシリーズ。
紙物商品の主力らしいすっかり板に付いた安定感を持って、地道に作品を重ね続けるその姿勢には好感すら抱かせてくれます。

そしてそんな話題の人気シリーズの新弾となるのはやはりキャストさんにとっても現在最もトレンドにして、上映終了後もなお色褪せる事なく巷を賑わす件の作品をテーマとしたこのブロマイド集。



・『ゴジラ第2形態 第3形態 第4形態SP』(シン・ゴジラ)

が、私の下にも先日御紹介のオーナメントと共に遂に到着です。

あらゆる世代のファンを問わず劇場に訪れた観客全てに予想を遥かに裏切る未知の驚愕と衝撃をもたらしたシン・ゴジラ。
人によって良くも悪くもの印象を抱く人類ファーストインパクトな最新ゴジラとなりましたが、中でも一番の度肝を抜く設定であったのが言わずもがなのゴジラの形態変化。

公開当日まで完全極秘にされていた事もあって、あのヘドラやデストロイアを彷彿とさせる急速な進化の繰り返しを目の当たりにし、そのまさかの展開に私も含めた多くの人が言葉を失ったはずです。

しかしそれこそが邦画シリーズ29体目のゴジラことシンゴジ最大の個性にして魅力であるのも揺るぎなき事実。
今までに無いゴジラの新たな可能性をとことんまで追求した末に導き出された理想的な答えの一つと言っても過言ではないかもしれません。

そんなシンゴジの人類の罪を背負う歪んだ進化が至らしめた、特撮史に残る変貌の道程を色濃く封入した各形態の様々なアングルから特徴や持ち味を捉える図柄の内訳はこの様になっております。



・「ゴジラ第4形態」×6枚

・「ゴジラ第3形態」×2枚

・「ゴジラ第2形態」×2枚

さすが全形態の中心的存在たる第4形態とあってこの優遇も十二分に納得の範疇であり、第2第3形態も実に紙面映えする構図から抜粋されています。



さらにタイトルには含まれてない正真正銘の劇中初登場時の第1形態こと

・「巨大不明生物」

の1枚と、このブロマイド集とも関連する同時期リリースのB2版ポスターカレンダーでも使用されたオリジナル図柄となる第1形態から第4形態までの全てを収めた1枚を含む全12枚セットです。

なおこちらではあの
・「ゴジラ第5形態」
が未収録となりますが、本作のイベント販売時は昨年の12月であった事を考慮すれば当然の判断であるのが分かります。

今回もまた東宝特撮の名作とブロマイドの融合と言う形でシン・ゴジラの魅力を鮮やかに伝え、その本懐を果たした実に顕著な成功例である一品です。
スポンサーサイト

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/04/30(日) 00:51:05|
  2. 東宝特撮映画ブロマイド全集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月京都みなみ会館さん各種イベント 告知 | ホーム | ゴジラ第4形態 ver.1専用タバ作戦ベース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mt428.blog48.fc2.com/tb.php/743-60b3a411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。