特撮大百科DREAMS

提供元C社の優しさ()とやら故に最新作の御紹介は基本困難としておりますが、業界屈指のクオリティとバイタリティを誇る【特撮大百科】シリーズから年代問わずランダムに選んでのレビューをメインとする個人的趣味全開のオタク系ブログです。毎月5の倍数日の更新を心掛けております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宇宙大怪獣ギララ2008(単色版)



今回御紹介いたしますのはこちら。

ガメラ・ガッパ・ギララ特撮大百科Mini番外編から映画「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」より

『宇宙大怪獣ギララ2008(単色版)』

です。


劇中、G8に所属する各国首脳が北海道に集い開催された洞爺湖サミット。

そして時を同じくして札幌の都市部に宇宙から飛来した火の玉が墜落。
さらにその火の玉の爆発による莫大な熱エネルギーを吸収して急成長を遂げた巨大怪獣ギララが出現。
札幌の街は甚大な被害を被る。

この未曾有の緊急事態に洞爺湖サミットも中止が勧告され、首脳陣達も帰国を余儀なくされるかと思われた。

その矢先、米国大統領の鶴の一声でG8の各々が威信と支持率を賭けての打倒ギララの姿勢を固め、急遽サミット会場を対策本部に変更しそれぞれのお国柄を反映した大作戦でギララ討伐に次々と挑む。

しかし宇宙からやって来たギララの驚異の生命力は首脳陣の想像を遥かに超え、その悉くが失敗に終わり面目丸潰れとなる。

さらにこのどさくさに付け込んでの世界侵略を目論む独裁者の介入で、事態は急速に悪化。
まさに地球は最期の瞬間を迎えんとしていた。

だがその頃、洞爺湖近辺の小さな山村にて信心深き人々の真摯なる祈りを発端にギララから人類を救う最後の希望「タケ魔神」が遂に目覚めるのであった。


本作では1967年の公開から41年の歳月を経て、心機一転再びスクリーンに甦った新生宇宙大怪獣ギララをイメージしての指人形化となっております。

食玩版特撮大百科シリーズ全盛期にコンビニ等に並びました、従来のリアル造型とは真逆を行くデフォルメ指人形な意欲作「ガメラ・ガッパ・ギララ特撮大百科Mini」

その後は限定品として「ばりから」と呼ばれるバリエーションカラー商品の発売も行われましたが、結局定番化にまでは至らず新作も造られぬままなりを潜める形となりました。

しかしそれから数年後、まるでこのまま黙って徒花となるのを良しとせぬ執念が具現化したかの様に、意外な所でその流れを汲む待望の新作がリリース。

それがこの宇宙大怪獣ギララ2008です。

その一方で本作の入手条件は映画「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」の北海道での先行公開の劇場や、一部のイベント参加者への頒布品とさらに限定的な物で、今ではよほどの目利きで無ければ特撮大百科関連アイテムとは気付かぬ可能性も否めぬ、まさに知る人ぞ知る超希少品でもあります。

そんな秘蔵の価値を持つ本作ですが、アグレッシブなポーズを始めとする全体的な構図。



それらは食玩版の宇宙大怪獣ギララとの差別化を図った一目瞭然な違いが分かる新規造型となっており、その作り手の意気込み伝わる象徴的デザインやディテールが特別感を裏切る事無い充実の満足度を演出しています。

旧版ギララよりマッシブな体格をしている逆襲版ギララをしっかりと意識したデフォルメ仕様ならではの独自性あるボディラインの強調もまた絶妙なバランスで映え、両作を並べる事でまた違った角度からの魅力の追求を刺激し、双方の色濃い持ち味の引き立て合いを成す事間違い無しです。




これぞ今日まで続く特撮大百科の歴史の陰で咲いた意地とプライドと言う名の花の一例とも呼べますが、実は今回の単色版の他にも別の特典としてフルカラー版も存在するらしくそちらも入手次第追っての御紹介とさせていただきます。
スポンサーサイト

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/06/25(日) 00:05:26|
  2. 松竹特撮大百科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<恐怖のガイラ -第三海神丸船員・亀田三郎の証言-《数量限定再販》 | ホーム | GODZILLA BACK TO THE SEA>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mt428.blog48.fc2.com/tb.php/755-e499b695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。