FC2ブログ

特撮大百科DREAMS

提供元C社の優しさ()とやら故に最新作の御紹介は基本困難としておりますが、業界屈指のクオリティとバイタリティを誇る【特撮大百科】シリーズから年代問わずランダムに選んでのレビューをメインとする個人的趣味全開のオタク系ブログです。毎月5の倍数日の更新を心掛けております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

南海の巨猿 覚醒ver.



今回御紹介いたしますのはこちら。

魔神対巨猿対鋼鉄猿人特撮大百科シリーズから

『南海の巨猿 覚醒ver.』

です。


劇中、南ジャワ海のモンド島にて語り継がれる、生ける伝説こと「南海の巨猿」。

しかし地球上で最も強い生き物ゆえに、その力の悪用を目論む者も現れる

自らが造り上げた鋼鉄猿人での、北極に眠る危険な新エネルギーの採掘に失敗した世界的なお尋ね者である、Dr.フーはその代替わりを得るべく、多数のヘリを引き連れモンド島へと飛来。
その音を聞き付け、塒の洞窟から姿を見せた巨猿は、自身を包囲するかの様に浮かぶヘリの大群に驚き戸惑う。

それでもそこから悪意を感じ取った巨猿はすぐさま臨戦態勢を取り、これを迎え撃たんとする。

だが上空を飛ぶヘリ相手では、さしもの巨猿も有効的な攻め手を見出せず。
そしてそれを見越していたヘリ群は、次々と催眠ガス入りの爆弾を投下。

催眠ガスの効力で意識を朦朧とさせながらも、黙って倒れる訳にはいかぬ島の王者として、一矢報いようと近くの樹木を引っこ抜き、ヘリ目掛けて投げつける。

しかしその間にも周囲に充満したガスによって、反撃及ばずとうとう昏倒する巨猿。

そして深き眠りに落ちた巨猿はDr.フー一味によって捕縛されると、そのままモンド島から遠く離れた北極へと連れ攫われるのだった。


本作では例え未知なる相手でも、来る物拒まずの闘志を奮い立たせ、豪快に威嚇する巨猿をフィギュア化しております。

ほぼ一方的な捕獲劇となった為に、映画内でのインパクトは一歩譲る事となりましたが、それでもこれもまた趣向凝らしての原典へのオマージュと言える、巨猿と近代航空機の対決。

しかも今年公開されました、本家アメリカでの最新作では、更にこの場面からインスパイアを受けたと思われるシチュエーションが描かれ、その驚きの演出にコアな特撮ファンの多くをニヤリとさせたと聞きます。

そしてその直前となる洞窟前にて、自らを鼓舞する巨猿を模る同フィギュアも、このシリーズが誇るボリューム感抜群のハイグレードな造型美を堂々と提示されています。

原典のイメージを強く投影する、面長でパッチリとした目元が印象的な頭部。
その顔に浮かばせる、不遜な来訪者に敵意を持って迎える憤怒剥き出しの表情は、まさに凄み溢れる威圧感を巧みに表現。

咆哮上げるべく大きく開かれた口内の型抜きが省略されてる惜しさはありますが、それでもズラリと並ぶ牙や歯茎はなかなかの仕上がり。

顔中に走る皺の繊細かつ精巧なディテールで、作品にキレのあるリアリティをもたらしております。



また背部まで大きく盛り上がった、マッシブと呼ぶに相応しい逆三角形型のフォルムの再現も、弛みまで抜かりなく形にした絶妙極まる忠実さを発揮。
長く強靭な剛腕を広げての猛々しい威嚇ポーズも、抜群の安定感で魅せる、王者の風格をワイルドに放つ迫真の見応えです。

更に哺乳類怪獣な巨猿の象徴的外観でもある、全身の毛並みも、その指先に絡む手触りすら伝わってきそうな質感を、まさに実物さながらのきめ細やかさで魅せる洗練度。
焦茶色の塗装も、巨猿の渋い貫禄を存分に引き立てる、秀でた色使いが成されています。

そして巨猿に増しての存在感を放つビッグサイズの洞窟ベース。



こちらもしっかりとした奥行きや緻密な風景描写と、大変見所多い造り込みで、シンプルな構図ながら見る者を引き込む、まさに洞窟だけに奥深いジオラマとなっています。

タイトルから垣間見せる大人の事情の壁が立ちはだかりながらも、特撮大百科の隠れた傑作たる、同シリーズの一つに恥じぬ万感の上質性。
これもまた、今こそ更なる評価を得るに相応しい逸材でもあるイチオシ作品です。
スポンサーサイト

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/07/25(火) 00:02:46|
  2. 魔神対巨猿対鋼鉄猿人特撮大百科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昭和ゴジラシリーズ新時代-ミニラ、エビラ、クモンガ、ガバラ 怪獣ランドで大暴れ!!- 告知 | ホーム | サイボーグ怪獣 メカゴジラⅡ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mt428.blog48.fc2.com/tb.php/762-3d790b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。