特撮大百科DREAMS

提供元C社の優しさ()とやら故に最新作の御紹介は基本困難としておりますが、業界屈指のクオリティとバイタリティを誇る【特撮大百科】シリーズから年代問わずランダムに選んでのレビューをメインとする個人的趣味全開のオタク系ブログです。毎月5の倍数日の更新を心掛けております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昭和ゴジラシリーズ新時代-ミニラ、エビラ、クモンガ、ガバラ 怪獣ランドで大暴れ!!- 告知

猛暑続きの日本列島。
茹だる様な熱気に目眩を覚える毎日ではありますが、それは人間のみならず、他の動物達も同じ。

我が家の愛猫・ちぇん&ぬえもこの暑さに参ってか、得意の鼠狩りもそっちのけに、涼を求めて右往左往。

そして


アウトドア派なちぇんは頻繁に裏山に隠り


インドア派なぬえは日がな一日冷蔵庫の上で眠りこけたり、とそれぞれの個性がよく出た画期的な避暑方法に、ちょっと感心させられたりもします。

ちなみに画像はそんな2匹の夏の日常とは無関係です。

しかしやはり暑い時には熱い物が一番!
真夏でもざるうどんより鍋焼きうどんを迷わず選ぶ、私の太鼓判!! 

そう!今年もやって参りました!!

高知の夏、怪獣の夏。

昨年の
【空想特撮映画特集】
に続いての、高知の新たな夏の風物詩として、通算4度目の開催となります、怪獣大好きな県民性に応えた、往年の特撮映画をピックアップする年に一度の特別上映会。

そんな2017年度のタイトルはズバリこちら!



・高知県立美術館 夏の定期上映会
【昭和ゴジラシリーズ新時代 -ミニラ、エビラ、クモンガ、ガバラ 怪獣ランドで大暴れ!!-】


昨年のマイナー路線から一転しての、まさに特撮映画の王道たるゴジラ特集となるこの2017年。
個人的には平成以降の特撮映画や大映作品への期待もありましたが、この4度目を迎えてもぶれない一貫した姿勢には、やはり県民として好感を覚えます。

もちろん今回も

・《高知県立美術館ホール》
〒781-8123 高知県高知市高須353-2

を会場に

・2017年8月26日(土)
・2017年8月27日(日)

の2日間開催となります。


そして大注目の今年の上映ラインナップ。
そのタイトル通りに、昭和ゴジラの一時代を象徴する、この各プログラム合計4本に決定!


《Aプログラム》
・「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」(1966年)
・「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」(1967年)

《Bプログラム》
・「怪獣総進撃」(1968年)
・「ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃」(1969年)


畏怖すべき存在から、親しみ深い存在へと変化を遂げたゴジラの活躍を描く痛快作が一挙勢揃い!
ゴジラ以外の怪獣の登場数の多さもまた今回の特徴であり、ちょっとした怪獣カーニバルな趣きすらあります。

また何気にゴジラの息子ことミニラの成長を辿る構成なのも、夏休みの時期にピッタリな面白い見所かもしれません。

なお両日の上映スケジュールは、各プログラム入替制での以下の通りです。


・8月26日(土)
《Aプログラム》
「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」
10:00~11:27(87分)
「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」
11:35~13:01(86分)

《Bプログラム》
「怪獣総進撃」
14:00~15:29(89分)
「ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃」
15:40~16:50(70分)

・8月27日(日)
《Bプログラム》
「怪獣総進撃」
10:00~11:29(89分)
「ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃」
11:40~12:50(70分)

《Aプログラム》
「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」
14:00~15:27(87分)
「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」
15:35~17:01(86分)


今回も御鑑賞を希望されます方は、2プログラムを活かした無理の無い時間帯の御選択をお勧めします。

更に入場料はそれぞれ

・一般1プログラム前売券1000円(当日券1200円)
・小学生以下1プログラム前売券500円(当日券600円)

と、例年通りのリーズナブルさを維持。
そんな前売券は現在

・高知県立美術館ミュージアムショップ
・高新プレイガイド
・高知大丸プレイガイド
・高知市文化プラザミュージアムショップ
・サニーマート(一部店舗除く)
・こうち生協
・ローソンチケット0570-084-006(Lコード61556)

にて販売中です。

ちなみに私も開催日に向けて既に購入済み。



今年も土曜日の朝早くから、怪骨Tシャツを着こなし高知県立美術館の前で仁王立ちする私が見られるはずです。


今年の高知も夏の終わりは怪獣でおもてなし。
是非県内外問わず、この怪獣不毛地帯に待ったをかける維新的上映会への御参加を、怪獣愛する県民の一人として心よりお待ちしております。
スポンサーサイト

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/07/27(木) 21:34:18|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<レギオン幼態(飛行形態) | ホーム | 南海の巨猿 覚醒ver.>>

コメント

こんばんは。

私もそろそろチケットを買いに走らねば・・・
しかし現地で売っているチケットはデザインが格好良くて良いですね~

おそらく私が買うことの出来るローチケだと味も素っ気も無いデザインになるはずですし(^_^;)
(その前にスケジュールを早く確保することが先決ですが・・・)
  1. 2017/07/28(金) 21:39:43 |
  2. URL |
  3. しろくろshow #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます

>しろくろshow様
コメントありがとうございます。今回は毎年買っているスーパーで何故か販売されず、難儀しました(笑)
こう言ったチケットもグッズとして残るのが利点ですね。
  1. 2017/07/29(土) 08:58:52 |
  2. URL |
  3. ウスラバ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mt428.blog48.fc2.com/tb.php/763-68e3d588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。