FC2ブログ

特撮大百科DREAMS

提供元C社の優しさ()とやら故に最新作の御紹介は基本困難としておりますが、業界屈指のクオリティとバイタリティを誇る【特撮大百科】シリーズから年代問わずランダムに選んでのレビューをメインとする個人的趣味全開のオタク系ブログです。毎月5の倍数日の更新を心掛けております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昭和ゴジラシリーズ新時代-ミニラ、エビラ、クモンガ、ガバラ 怪獣ランドで大暴れ!!-



8月はまさに南国土佐が、全国に誇る郷土自慢たる様々な行事で最も活気に溢れる一ヶ月。
上旬は日本中の将来有望な漫画家の卵たる高校生達が、高知カルポートに集結し競い合う

【まんが甲子園】

中旬はこれぞ高知県の象徴として、県民皆が一体となれる唯一無二の祭典

【よさこい祭り】


どちら共に今年も熱狂的な話題性を持って、無事成功を納めました。

しかし高知の夏はまだ終わらず!
まだまだ重ねた歳月は上記2つには程遠くとも、着実に高知の夏の名物への根付きを見せるのが、怪獣一色でスクリーンを彩る2日間。

・高知県立美術館ホール
【高知県立美術館 夏の定期上映会】

今回で4回目の開催となりますが、今年のタイトルはズバリはこちら!!

【昭和ゴジラシリーズ新時代-ミニラ、エビラ、クモンガ、ガバラ 怪獣ランドで大暴れ!!-】

これまで同様に昭和に重きを置きつつ、60年代後半のより親しみやすさを求めて、ファミリー路線を目指したゴジラシリーズにスポットライトを当てた、まさに夏休み最後の家族の思い出作りにも相応しいこの企画。

と言う訳で私も事前に職場に相当の迷惑を掛けるのを承知で、今日の為の休みを得る事に成功。

無事本日26日の上映会に今年も例年通りに、朝一番乗りで会場入りを果たして参りました!!


…となりたかったのですが、今回は昨晩の上司との些細な事での口論が尾を引き、高血圧で気絶しそうな程のイライラ気分で眠りに着いたのが祟ってか…。


…よりによってこの日に思いっきり寝過ごすと言う大ちょんぼ…。

朝御飯すら取る間もなく、お約束の一張羅を着込む余裕もなく、半泣きで家を飛び出した事もあり、美術館に到着するまでの1時間近くの記憶は全くありません…。

それでも上映開始ギリギリで到着出来た奇跡に肖れたのが、何よりもの救いです。

それはさておき、この8月26日の上映スケジュールは

《Aプログラム》
・「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」(10:00~11:27)
・「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」(11:35~13:01)
《Bプログラム》
・「怪獣総進撃」(14:00~15:29)
・「ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃」(15:40~16:50)

の全4本一挙上映。

なんやかんやで今までテレビでしか観た事のない、往年の傑作を今年も劇場スクリーンで鑑賞出来る喜びに歓喜しつつ、急ぎ劇場に入るも…

そこでまず目に入ったのが、毎度の県内での告知不足が響いてか昨年以上に閑散とした雰囲気漂う客席。
更に相変わらず主催者からの開演挨拶もなく淡々と始まり、そんな微妙な空気に少々自身のトーンダウンを覚えるも、気を取り直していざ神妙に鑑賞開始。

まずは午前のAプログラムの出だしを切る「南海の大決闘」で早速のテンションアップを計るも…


これがまたコピーとは言えど、フィルムの状態がびっくりするほど悪く。
画質は最悪で、場面も所々でぶつ切れとなり、しかもノイズも混じりまくりと、観てるこちらとしては思わず頭が痛くなる代物。
県外から来た方やゴジラへの知識の浅い子供達に本当に申し訳なくなるも、このいい加減さも高知らしいなとちょっと苦笑してしまいました。

それゆえこの後の作品への不安も否応なしに大きくなるも、直後の「ゴジラの息子」は見違えるような状態の良好さで、ストレス無く観られて一安心。

その後休憩を小一時間程挟んでの午後のBプログラムスタート。
腹ごしらえもきっちりと済まし、午後の回は何気に観客が増えてる事に喜びを抱きながら、気持ち新たに臨んだ「怪獣総進撃」ですが、こちらも問題のない画質で最後まで楽しめ興奮も右肩上がりの結果に。

そしてとうとう1日目最後の上映作品となった「オール怪獣大進撃」
ここまで来た以上、終わり良ければ全て良しで締めて欲しかったのですが…。

残念ながらこちらもフィルムの劣化が目立ち、最後の最後での拍子抜けは否めず。

しかし見方を変えれば、これもまたフィルムによる懐かしの作品の醍醐味と言え、この手の上映会では観る側の心の広さも求められて然るべきかもしれません。

それに時折聞こえてきた、映画の場面に合わせての、子供を主とする客席からの好奇心に満ちた歓声や笑い声。
それもまた、ファミリー路線ゴジラ特集たる同上映会の趣旨に沿った反応にも思え、劇場を後にする私自身も清々しい気分になれた大きな要因と言えるかもしれません。

また一方で図らずも昭和の偉大な名スーツアクター・中島春雄氏の追悼上映会の趣きにもなってしまったと思うと、そんな雰囲気に反し少なからずの哀愁とその功績の大きさを、しみじみと胸に焼き付ける内容になったのも事実です。



ちなみに今年はあいにく、いろいろと残念な所も多く、上記の一部作品の画質の他にも密かに楽しみの一つであった、同上映会に伴った県内の造型化やコレクター秘蔵の怪獣フィギュアやポスター等のロビーでの展示が今回は完全オミット。
これはもしかしたら提供者が見つからなかった可能性もあり、せっかくなので事前に手渡されたアンケート用紙に、私自慢のコレクションである「特撮大百科」シリーズの無料貸出可能と書いておきました(笑)

あとこれが一番残念と断言出来ますが、昨年に続きまたもや毎年このイベントに訪れてくださります、徳島の実力派ブロガー

・しろくろshowさん

にお会いする事が叶わなかったこと。
せっかく徳島から足を運ばれた事に報えなかったこの無礼を詫びる意味でも、次こそはを目標に来年までにもっと自身の観察眼を磨く事が課題となりそうです。

あと大事の前の小事には要注意。
これは今日の件で嫌というほど身につまされました…。

とりあえずなんだかんだと書き連ねましたが、大スクリーンで観る怪獣王ゴジラを始めとする、夏の定期上映会最多の総勢30体以上もの個性豊かな東宝大怪獣の縦横無尽な痛快劇は、多くの人々と思い共用して観るからこそ一層圧巻にして壮観。

明日の2日目の客入りに期待しつつ、来年以降もより洗練された形で継続される事を信じ、土佐っ子の怪獣愛絶やさぬよう、これからも夏の高知のイチオシ行事と強く推し続けていく次第です。
スポンサーサイト

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/08/26(土) 22:07:28|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<護国聖獣 婆羅護吽 妙高山に出現! | ホーム | ゴジラ第3形態ver.2《一時的退化状態》>>

コメント

ただいま戻りました

こんばんは、たった今高知から戻って参りました( ̄^ ̄)ゞ

いや~、昨日は残念でしたね。たぶんウスラバさん一番乗りしてるだろうと想像してわたし9時半頃開場すぐでホールに入ってまして( ̄▽ ̄;)やってくる人すれ違う人全員の服をチェックしながら怪骨シャツの人を探したのですが、なるほどそういう事情があったのですね、見つけることが出来なかったのも頷けるお話でした。

今思えば私ももっと事前にこちらの様子等をお知らせしておけば良かったのですが、如何せん連れが居たためになかなか単独行動が難しいところもありまして逆に失礼なこと(ノープランでも現地入りすればなんとかなるだろうという自分の見通しの甘さと言いますか・・・)をしてしまったかなと反省しております。なんだか気を遣わせてしまい申し訳ありませんでした<(_ _)> 

来年はそろそろ一人で高知入りするべきではないかと真剣に検討しているので、その際はぜひご一緒させていただければと思います。

ちなみに今回ですが私は午前の回は会場ど真ん中の席、午後からは少し右中央の席で座っておりました(どちらも椅子の前は仕切りの板壁があったところです)昼食は館内のレストランに家内と一緒に居たので、或いはどこかでニアミスしていたかもしれませんね・・・(^_^;)

イベント自体はウスラバさんも本文で書かれているとおり、今年も良いところ悪いところ含めてなかなか楽しい上映会であったなと感じています。このペースでいくと来年がゴジラ以外の何か(希望は変形人間シリーズで4本とか)再来年が「ヘドラ」以降のゴジラ映画4本かなと予想を立てていますが、高知美術館には冬の定期上映でも特撮映画をやってもらいたいモノです(アンケート用紙にも長々とそう書いてきました)
  1. 2017/08/27(日) 19:12:27 |
  2. URL |
  3. しろくろshow #-
  4. [ 編集 ]

お疲れさまでした

>>しろくろshow様
こんばんは。先日はお疲れ様でした。
そして今年も御来高本当にありがとうございます。
いえいえ、こちらこそ要らぬお気遣いをさせてしまいまことに申し訳ございませんでした。
来年は私ももっと細心の心構えと配慮で臨むつもりですので、何卒これに懲りず奥様との高知への御旅行を楽しまれてください。
次回も更なる楽しい一時となられます事を私も何より心待ちにしております。
  1. 2017/08/28(月) 23:19:43 |
  2. URL |
  3. ウスラバ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mt428.blog48.fc2.com/tb.php/771-4d81d741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。