特撮大百科DREAMS

提供元C社の優しさ()とやら故に最新作の御紹介は基本困難としておりますが、業界屈指のクオリティとバイタリティを誇る【特撮大百科】シリーズから年代問わずランダムに選んでのレビューをメインとする個人的趣味全開のオタク系ブログです。毎月5の倍数日の更新を心掛けております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地底怪獣バラゴン秋田油田襲撃



今回御紹介いたしますのはこちら。

ゴジラオーナメント特撮大百科COMPLETEシリーズから映画「フランケンシュタイン対地底怪獣」より

『地底怪獣バラゴン秋田油田襲撃』

です。


劇中、広島で発見された放射能への強い耐性を持つ少年の話題がセンセーショナルに広がる日本列島。
やがてその話題は戦時中に広島に持ち運ばれ行方不明となった、不死身の心臓の存在を知る、現在は秋田油田で技師として働く河井の下にも届き、少年と心臓の関係に興味を抱く。

だがある日の夜、突如巨大地震が発生。
その凄まじい揺れは秋田油田の施設を次々と破壊し、河井を始めとした作業員達は命からがら避難するも、同地は見るも無惨な瓦礫の山と化してしまう。

その直後、いきなり大地の一部が不自然な盛り上がり方をしたかと思うと、不気味に輝く発光体を備えた巨大生物と思わしき謎の影が一瞬姿を覗かせる。

しかし倒壊した鉄塔によってその姿が隠されると同時に、謎の影もあっと言う間に地中深くへと消え、このあまりに不可解な出来事を前に河井らはただ茫然と立ち尽くすしかなかった。


本作では東宝特撮初の本格的な地底怪獣となる、バラゴンの過激な初登場シーンをミニチュア化しております。

キャラクターの印象付けとして、大変重要となる初登場シーン。
それは怪獣も例外では無く、海から空から山奥からと様々な場所から出現しては、その衝撃的なファーストコンタクトに毎回人類を驚愕と戦慄の渦に巻き込んできました。

このバラゴンも地底怪獣と言う潜伏力に長けた特徴を存分に活かしての、その全貌を明かさぬままの大規模な破壊活動は、まさにこれまでとは一味違うミステリアスな新怪獣として、ガッチリと観客の心を掴んだはずです。

そんな緊張感ある瞬間を再現する同作は、今ではすっかり定番化したCOMPLETEシリーズの第1弾アイテムとしてリリース。
それゆえ今見ると実にコンパクトでシンプルな構図の造型ではあります。

それでもバラゴン出現によって持ち上げられた地盤の頑強な質感や、倒れた鉄塔が物語る襲撃の壮絶さを仄めかすアクセント。
そして夜の場面を反映させた黒を基調とする色彩など、巧妙に纏められた情景感は決して色褪せる事ない緻密さで仕上げられています。



また見映えを重視し、劇中以上にはっきりと地面から顔を覗かせるオリジナリティが加えられたバラゴンは

・ゴジラオーナメント特撮大百科ver.3
『地底怪獣バラゴン』

の原型をアレンジして使用。
まさにこの時点から、アレンジ術の巧みさを売りとするCOMPLETEシリーズの方向性が決定していたと言えます。



なお同シーンの象徴的ポイントでもある、角の発光表現に抜かりが見られるのは、後の更なる洗練に期待が求められる初期作ゆえの御愛敬です。

COMPLETEのみならず非売品シリーズにも多大な影響をもたらす新風を特撮大百科に吹き込み、実に味のある作風を築いた記念碑的本作。

前回の

『護国聖獣 婆羅護吽 妙高山に出現!』

と並べて、バラゴン今昔出現コラボを楽しんでみるのもまた一興かもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/09/05(火) 00:06:17|
  2. ゴジラオーナメント特撮大百科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<X星人統制官 | ホーム | 9月京都みなみ会館さん各種イベント 告知>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mt428.blog48.fc2.com/tb.php/774-b2fb1081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。