特撮大百科DREAMS

提供元C社の優しさ()とやら故に最新作の御紹介は基本困難としておりますが、業界屈指のクオリティとバイタリティを誇る【特撮大百科】シリーズから年代問わずランダムに選んでのレビューをメインとする個人的趣味全開のオタク系ブログです。毎月5の倍数日の更新を心掛けております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロボット怪獣モゲラ大進撃



今回御紹介いたしますのはこちら。

ゴジラオーナメント特撮大百科COMPLETEシリーズから映画「地球防衛軍」より

『ロボット怪獣モゲラ大進撃』

です。


劇中、大規模な土砂崩れによって壊滅した富士山麓のとある集落。
いろいろと不可解な点も多く、自衛隊や関係者らによる実地調査が始まるも、その最中に山肌が崩落しそこから巨大なロボット怪獣が出現。
その場に居合わせた誰もが、あまりに信じ難い光景に度肝を抜くも、奇怪な電子音を上げて目から怪光線を放ち迫り来るロボット怪獣に対処する術無く、やむなく退却を余儀なくされる。

その後人々が対策を講じる中、今度は夜中に近隣の集落を襲撃。
怪光線や巨体による進撃で集落は焼き払われ、無惨に蹂躙される。

自衛隊も総力を挙げてロボット怪獣の侵攻を食い止めようとするも恐ろしく頑丈なそのボディは、自衛隊のあらゆる攻撃を寄せ付けず、消防隊による鎮火作業も甲斐なく、火災はますます広がるばかりとなった。

しかし逃げ惑う住人達を追い立てるように、集落外れの鉄橋を渡ろうとするも、それと同時に鉄橋は爆破され、その衝撃でロボット怪獣は遂に完全に沈黙する。

だが地球には存在しない未知の金属で造られたそれは、更に恐ろしい黒幕が差し向けた先兵に過ぎなかった……。


本作では前半最大のスペクタクルとして、夜の闇に乗じ人々の前に姿を現すと、容赦なく集落を火の海に変えながら無敵の前進を続ける、モゲラの脅威的シーンをジオラマ化しております。

「火事と喧嘩は江戸の華」なる名言がありますが、それは怪獣映画もまた然り。

この燃え盛る炎をバックに自衛隊からの攻撃をものともせず、ロボット怪獣らしい堅固な威圧感を見せつけるモゲラの進撃。
これもまた、そんな怪獣映画の粋を体現する名場面の一つであるのは言うまでもなく、こうして特撮大百科での商品化に至ったのも納得以上に必然であると言えます。

本作の主役となるモゲラは、おそらくフィギュアとしては初となるであろう肩甲骨部分の隆起まで再現してみせた、画期的な

・ゴジラオーナメント特撮大百科
『ロボット怪獣モゲラ1号機【リニュアル版】』

から原型を流用。



COMPLETEシリーズながら、オミット箇所は一切無しの贅沢さに加え、若干のポーズ修正や周囲のエフェクトを反映した照り返し塗装の追加。
更に全身の光沢感の向上も見られ、シチュエーションを意識した細やかな変更で、今回も匠のこだわりをよく出しています。

そしてモゲラを存分に引き立てつつ、それにも増しての存在感でこちらを圧倒する仕上がりとなっているのが、完全新規による臨場感満載の集落ベース。

場面の惨状を派手に訴えるべく燃え上がる火炎エフェクトパーツは、クリア素材で構成。
煌々たる透明感と精巧なディテールが、モゲラや建造物の照り返しに映える迫力ある灼熱を表現しております。

モゲラの両隣に並ぶ破壊された街並みも、魚屋や蕎麦屋の看板の文字までよく描写された、情景感優れた目を凝らす価値ありな再現度。

また無惨に瓦礫散乱する道路も、モゲラの圧巻の重量感をリアルに伝えてくる足下の陥没まで克明に再現した、抜群の演出力です



が、本体のモゲラのオーナメントタグが腰元辺りと解説書等のサンプルと比較しても違和感ある位置にある為か、セットしてもそれに遮られ微妙に足が浮いてしまうのが難点でもあります。

しかしそのマイナス点をも補う魅力を放つのが、手前に配置された消防車や消防隊員のミニチュア。



モゲラとのスケールに合わせた極小サイズの、緊迫した雰囲気漂わす消防隊の様になっている造り込みはもちろん、長く伸びるやはりクリア素材による3本の放水のキレの良い躍動感も、エクセレントの一言に尽きます。

なお当然この箇所も見た目通りに大変脆いので、取り扱いは十分な注意が必要です。

本作も会心のアレンジによって、モゲラと言う最高の素材の更なる昇華に成功させたのは一目瞭然。
これもまた前回同様に、モゲラ建造60周年記念アイテムの本命として自信を持ってリリースされたであろうは疑う余地ありません。
スポンサーサイト

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2017/12/25(月) 00:22:24|
  2. ゴジラオーナメント特撮大百科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オール大怪獣バランカレンダー2018 | ホーム | モゲラ60thボールペン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mt428.blog48.fc2.com/tb.php/795-0463422f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。