FC2ブログ

特撮大百科DREAMS

提供元C社の優しさ()とやら故に最新作の御紹介は基本困難としておりますが、業界屈指のクオリティとバイタリティを誇る【特撮大百科】シリーズから年代問わずランダムに選んでのレビューをメインとする個人的趣味全開のオタク系ブログです。毎月5の倍数日の更新を心掛けております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

快獣ブースカカレンダー2018



今回御紹介いたしますのはこちら。

『快獣ブースカカレンダー2018』

です。


前回の『オール大怪獣バランカレンダー2018』とほぼ同時期リリースとなった、株式会社キャスト特製2018年版卓上カレンダー第2弾。 
関連商品では昨年の
『クレクレタコラカレンダー2017』
が印象に残っておりますが、その流れを汲むであろう今年の題材に選ばれたのが、円谷プロダクションが3番目に制作した1966年のテレビ作品である

『快獣ブースカ』

少年発明家・屯田大作がイグアナから作り上げた、怪獣ならぬ快獣ブースカが子供達や弟分のチャメゴンと共に繰り広げる、愉快な珍騒動を描くコメディタッチな作風となっており、更に多数の漫画作品の連載も行われ、現在のメディアミックス展開の先駆けとも言われています。

何より笑いの中に子供達との友情を全面に押し出す、良質性に富んだファンタジックかつ洒脱なドラマに、「シオシオのパァ…」や「バラサバラ」と言ったブースカ語が当時の少年少女の心をガッチリと掴み、一躍人気者へと発展。

その成功もあり、この後も数々の番組にてバリエーション豊かなブースカが登場し、今ではすっかり円谷プロを代表するマスコットキャラとして板に付いたのは最早周知の事実でしょう。

そんな1966年の初代はもちろん、歴代ブースカやお騒がせな登場キャラクター達を収録する、2018年1月から2019年1月まで毎日使用可能な同卓上カレンダー。

やはりブロマイドタイプで仕上げられた、その図柄はこちらの全13枚です。


・2018年1月
『ブースカ』(快獣ブースカ)

・2018年2月
『チャメゴン』(快獣ブースカ)

・2018年3月
『ブースカ&チャメゴン』(快獣ブースカ)



・2018年4月
『ブースカ語録』(快獣ブースカ)

・2018年5月
『ドンブラ島の怪植物』『物体Xコロリン』『カボチャ星人』(快獣ブースカ)

・2018年6月
『地底戦車』『イモラ』(快獣ブースカ)



・2018年7月
『ブースカ&チャメゴン』(快獣ブースカ)

・2018年8月
『ブースカ&ピグモン&カネゴン』(アニメちゃん)

・2018年9月
『ブースカ』(1997年制作のパイロット版)



・2018年10月
『ブースカ』『カモスケ』『ハネタロー』(ブースカ!ブースカ!!)

・2018年11月
『ブースカ&チャメゴン』(みんな集まれブースカスタジオ)

・2018年12月
『ブースカ&チャメゴン』(フラッシュ・ザ・ブースカ)

・2019年1月
『歴代ブースカ全員集合』


「ウルトラマンランド」や「ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー」でのブースカは惜しくも収録されてないようで、完全網羅とはいきませんが、それでも多種多彩なブースカ達が一堂に会した事による心和む一枚一枚は、まさにこの特製カレンダーならではの贅沢趣向。

各月の流れと共に、時代毎によるブースカの変遷を辿れる一興も売りと言えます。



なおこちらもこれまで同様に、付属の初代ブースカの写真をプリントしたアクリル製の専用スタンドが、毎月しっかりとブロマイドを飾ってくれます。

円谷プロ随一の癒しキャラと過ごせるこのカレンダーもまた、シオシオのパァな気分を晴らし日々の心の潤いとなる事請け合い。

ただ食卓等に置くと、ちょっとラーメンを食べづらくなるかもしれませんので御注意を(笑)
スポンサーサイト

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/01/05(金) 00:25:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宇宙超怪獣キングギドラ1968 | ホーム | 謹賀新年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mt428.blog48.fc2.com/tb.php/798-296f72ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。