FC2ブログ

特撮大百科DREAMS

提供元C社の優しさ()とやら故に最新作の御紹介は基本困難としておりますが、業界屈指のクオリティとバイタリティを誇る【特撮大百科】シリーズから年代問わずランダムに選んでのレビューをメインとする個人的趣味全開のオタク系ブログです。毎月5の倍数日の更新を心掛けております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブラックドーム



今回御紹介いたしますのはこちら。

恐怖の円盤生物キーホルダー!からTV番組「ウルトラマンレオ 第41話悪魔の惑星から円盤生物が来た!」より

『ブラックドーム』

です。


劇中、ブラック司令によって地球へと呼び寄せられた、先のシルバーブルーメに続く円盤生物として登場。

しかし光に反応する性質を持つが故に、ブラック司令を無視してUFOマニアの少年の持つ鏡の反射光の方へと引き寄せられる。
そしてそのまま辿り着いた街にて円盤態から戦闘態に変身し、口からペプシン溶解泡を吐き出し暴れるも、おおとりゲンの活躍によって一時撤退する。

その後、小型態となって身を潜めるも新種の化石と間違われて城南大学へと運ばれてしまう。

そこで覚醒したブラックドームは大学の女性教授を小型態のまま襲うも、教授が咄嗟に投げ付けた劇薬入りの瓶でまたもや撃退され、更におおとりゲンも駆け付けた事で再び戦闘形態へと姿を変えて、ウルトラマンレオとの戦闘を開始。

巨大な鋏やペプシン溶解泡でレオを苦しめるも、泡を吹き飛ばされた事で形成逆転。
レオの必殺技である、スパーク光線とシューティングビームの連携の前にひとたまりも無く炎上して敗れ去るのだった。


本作では2体目の円盤生物として、ウルトラマンレオと白熱の戦いを繰り広げたブラックドームの戦闘態をキーホルダー化しております。

順調な軌道に乗り始めたかに思われる、キャスト製ウルトラキーホルダーシリーズ。
特撮大百科で培ったクオリティを維持しつつ、それよりも遥かにロープライスを売りとした独自の商品とあって、一部ユーザーからも大変な好評を博していると聞きます。

一方で他のキャスト製のウルトラ商品同様に完全イベント限定品のため、一般的な入手は非常にシビアと言う難点もあり、ある意味今のキャストの象徴たるシリーズでもあります。

それはさておき、キャラ選びの着眼点も特撮大百科の系譜を汲むだけあってか、ここでもやはりそのマニアックさをブレなく発揮。

ウルトラ怪獣の中でもくせ者揃いの円盤生物において、愛嬌では随一であろう本作のブラックドームと言うチョイスは、円盤生物自体の商品化の極端な少なさもあってまさにファン垂涎のセンス間違いなしです。

造型はキーホルダーらしさを追求してか、デフォルメ風の造りとなっており、それがまたブラックドームとの相性の良さを顕著に見受けさせてくれます。

もちろんディテールのきめ細やかさも、見所満載の仕上がり。
蟹型怪獣ならではの左右非対称の鋏や、背中の甲羅の角張った硬質感はまさに重厚な味わい深さを伴った特筆の再現度。



本来の凶悪な用途を失念してしまいそうな、キュートなおちょぼ口。
これも小さいながらしっかり奥行きを持って造り上げられ、更に垂れ気味に突き出した目もあって、正面の角度からますますブラックドームの可愛げある風貌に拍車を掛ける、さすがの一手間となっています。



尚腹部から見るふっくらとした数本の脚も、バイタリティに溢れた精巧さを示しており、他部分との塗り分けも満足いく丁寧な仕事ぶりです。

現状では転売頼みしかない為に、個人的にも本腰入れて集めるには相当のしんどさ覚えるシリーズではありますが、今回のブラックドームにじっくりと目を通す事で得られた充実感高き完成度。

ウルトライベントでの主力商品としていく傾向ながら、看過するには惜し過ぎるこの収集価値を尊重し、そんなしんどさを受け入れるのもまた一興かもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

  1. 2018/02/25(日) 00:02:45|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 溶解した戦車>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mt428.blog48.fc2.com/tb.php/808-ad1e6d84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。